【2021年12月】茨城県のおすすめインプラント歯科医院ランキング

インプラントネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数、相談件数、患者の口コミ評価など複数の評価基準から、独自に集計した茨城県の歯科医院おすすめランキングを毎月発表しています。おすすめランキングなら、安心して手術が受けられる歯科医院を見つけることができます。インプラント治療や歯の痛み・歯周病でお悩みの方は、まずはネット予約をして、無料相談を受けてみましょう。 >>評価基準について

インプラントのよくあるQ&A

Q1:インプラント治療はどれぐらいの治療費で受けられる?

A1:インプラント治療を考えている方の中には治療費に不安を感じる場合もあるかと思います。

治療費は大きくはインプラントを何本埋め込む必要があるかで変わってきます。

インプラント1本あたりの目安としては400,000~500,000円程度です。

歯科医院によっては提示される1本あたりの治療費に上部構造となる人工歯の費用なども含まれる場合もあります。

ただ、インプラント治療は1本ずつ治療を行う方法のほか、片顎全体をまとめて補えるAll-on-4などの選択肢によって治療費は変わってきます。

そのほか、インプラントを支えるのに十分な顎骨の量や厚みが無い場合などは、補助的な治療を行う場合もあるので、ご自身にあった治療法に合わせて歯科医院で実際の治療費用を確認していただく必要があります。

Q2:インプラントと差し歯って同じ治療になるのでしょうか

A2:一番の相違点としては差し歯の場合、患者様自身の歯根(歯の歯茎に埋まっている部分)が残ってるということです。

差し歯は残っている患者様自身の歯を土台に被せ物で歯の上部部分を補います。

一方インプラント治療は歯を完全に失った場合に適用される治療法です。

歯を失った部分に一般的にはチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、人工歯を被せることで補う治療となります。

Q3:医療費控除はインプラント治療でも申請できるの?

A3::自由診療であるインプラント治療の場合も医療費控除の申請はしていただけます。確定申告時に申請してください。

医療費控除は1年間にかかった医療費が100,000円以上支払っている場合に申請ができる制度です。

もし医療費控除の申請を忘れていた場合も、5年以内であれば遡って申請ができるのでご利用ください。

Q4:痛みが気になるのですが、インプラント手術は痛い?

A4:手術自体は局部麻酔を使用して行うため痛みはできる限り抑えて治療を行えますし、実際にインプラント治療を受けるときに、 歯科医院によっては静脈鎮静法という鎮静剤を点滴しながら手術を受ける方法を併用して手術を受けることができる歯科医院もあります。
詳しくは治療を受ける歯科医院でご確認いただいてください。

インプラント手術後は患部が痛くなってくる場合があります。そういった場合は無理せずに鎮痛剤を処方されている場合は飲んでください。

また、通常はだんだんと痛みが治まってきますが、その兆候が見られない場合など何かトラブルがある場合もありますので、インプラント手術を受けた歯科医院に相談し、診断を受けてください。

Q5:インプラント治療のメリットやデメリットは?

A5:どんな治療でもメリットがあればデメリットもありますが、インプラント治療の場合は次のようなものがあります。

【メリット】
・残っている健康な歯に負担がかからない
・両隣の歯を削る必要がない
・見た面が自然
・入れ歯のように取り外す必要がない

【デメリット】
・費用が高額(公的医療保険適用外のため)
・外科手術が必要
・手術のリスク(感染や神経の損傷のリスクなど)
・治療期間が長くなる
・治療後は継続的なメンテナンスが必須

インプラント治療を受けることで、自分の歯が残っている場合は、その歯に負担をかけずに治療を受けられますし、見た目にも配慮した治療が受けられます。

治療のいい面も悪い面もしっかりと理解することで、安心してインプラント治療を受けることができると思います。